img-1

紙袋をブックカバーとしおりにする

お店でもらった紙袋があまりにも可愛かった場合には、何かに利用してみるといいでしょう。
例えば、本好きの人であれば、ブックカバーとして利用することもできます。



ブックカバーにすれば持ち歩くときにもおしゃれですし、家の本棚に置いておくだけでもおしゃれに見えます。


紙袋をブックカバーにする方法としては、まずは糊付けされている部分をはがすようにし、一枚の紙にしていくようにしましょう。


その時につい力が入り過ぎてしまうと、他の部分が破れてしまったり、しわが入ってしまうことになりますので、優しく扱うようにしなくてはなりません。

あまりにもしわが入ってしまえば使いづらくなってしまいますので、そっと扱うことです。



糊付けされていた部分をはがしてもその部分はあまりきれいではありませんので、その部分ははさみで切り落とすようにして、使える部分だけを使うようにするといいでしょう。

ブックカバーに使用するのであれば、出来るだけ柔らかいタイプの紙袋を使用した方が扱いやすいですので、硬すぎるものは使わないことです。
ブックカバーに使用しても少し紙が余った場合には、残った紙を利用してしおりを作るのもいいでしょう。


紙が柔らかすぎる場合には、型紙を使い、裏表に紙袋の紙を張り付ければ問題ありません。

T-SITE情報を豊富に提供しています。

穴あけパンチで穴を空けてリボンを通せば完成です。
ブックカバーとおそろいのしおりを使用すれば、お気に入りの紙袋で素敵なセットが出来上がります。

関連リンク

img-2

便利な紙袋の使い方について

ブランドもののバックを買った時やおみやげを買った時に、その店オリジナルの紙袋をもらったことがある方も多いのではないでしょうか。しかし、紙袋をもらった後はすぐに捨ててしまうなど処分に困っている方もいるはずです。...

more
img-3

紙袋はコレクションをしても楽しいアイテム

紙袋は買い物をした際に品物を入れるための袋としてもらったり、お土産をいただく時などにもらうことがあります。お店やブランド、企業ごとにあるのでその種類は数えきれないほどです。...

more